便利に使えるアイテムをさがして暮らしを豊かにする

注意するべき点

ウォーターサーバーの電気代で注意すること

ウォーターサーバーは冷水や温水を出せますが、これは電気を使って冷却、加熱を行うものなので電気代がかかります。料金としては一般的な使用であれば毎月1000円程度が相場です。電気ポットを使用しているときと電気代に大きな違いはないため、ウォーターサーバーを使うと負担が大きくなることはありません。 ただし、電気ポットは使用しないときに電気を切って節電ができますが、ウォーターサーバーでこれをしてはいけません。ウォーターサーバーの加熱は殺菌、冷却は菌の繁殖を抑える役割があり、温度を保持するだけのものではありません。電気を切ってしまうと内部で雑菌が繁殖し、水の安全性が失われてしまうため、使わないときでも電気入れたままにします。

ウォーターサーバーの電気代で知っておくこと

ウォーターサーバーを使用するときにかかる電気代は毎月1000円程度のものが多く、節電機能があるものでは500円以下になります。これは電気ポットの利用時と同じ電気代になります。 ウォーターサーバーの中には冷水や熱湯の温度を切り替えられるものもあり、使用しないときはこれを調整して節電できます。 また、数は少ないですが、ウォーターサーバーには水を使うだけで冷却も加熱も行わず、電気を必要としないものもあります。電気代をかけたくないのであれば、このようなタイプを選ぶと良いです。 ただし、電気代が安くても水の料金やサーバーのレンタル料が高いと総額では高くなってしまうため、これらの料金も含めてどこが利用しやすい料金になるか検討します。